Database > RDS for MySQL > 分析

Process List、InnoDB Status

データベースで実行されたクエリとInnoDBエンジンの状態を収集します。1秒に1回information_schema.processlistの結果と、SHOW ENGINE INNODB STATUSの結果を収集し、過去4日間のデータをWebコンソールの分析タブで照会できます。

[参考]収集されたデータは、内部バックアップストレージに保存され、別途課金されることはありません。

収集する項目は次のとおりです。

項目 説明
LogTime 収集時刻
PID プロセスID
DB 使用中のDB
User ユーザー
Host ユーザーが接続しているホスト名、IPアドレス
Command Thread実行中のコマンドタイプ(Sleep、Query、Quit、Killなど)
State Threadの状態(Starting、Rolling back、System lockなど)
ExecTime Threadが現在の状態を維持した時間(秒)
Query 実行中のクエリ
InnoDB Status InnoDBの状態情報

Slow Query

データベースで発生したSlow Queryを分析して結果を収集します。Perconaが提供するクエリ分析ツールであるpt-query-digestを使用して、1分に1回分析することで過去30日間のデータをWebコンソールの分析タブで照会できます。

[参考] DBインスタンスの修正画面でSlow Query分析機能を使用しないように設定できます。

収集する項目は次のとおりです。

項目 説明
Checksum 抽象化されたクエリに対するChecksum
Total ExecTime 合計実行時間(秒)
Avg ExecTime 平均実行時間(秒)
Max ExecTime 最大実行時間(秒)
Min ExecTime 最小実行時間(秒)
Query Count 発生したクエリ数
Query 類似したクエリ同士を結合できるように抽象化されたクエリ

[注意] slow_query_logパラメータの値が0日の場合、Slow Queryログを残さず、分析結果も収集しません。 DBインスタンスの負荷が大きい場合、Slow Query分析が遅延することや分析結果が消失することがあります。

TOP