NHN Cloud > リソース提供ポリシー

NHN Cloudは、全てのお客様に安定的なサービスを提供し、意図しないリソース生成によって発生する支出などからユーザーを保護するためにリソース使用量ポリシーを設定しています。

組織/プロジェクトリソース提供ポリシー

組織のリソースは決済方法を登録した会員を基準に計算され、プロジェクトは組織を基準に計算されます。

リソース 会員タイプ 提供基準 提供量
組織 個人 決済方法を登録した会員1人ごと 3個
事業者 決済方法を登録した会員1人ごと 5個
プロジェクト 個人 組織ごと 5個
事業者 組織ごと 10個

インフラサービスリソース提供ポリシー

リソース使用量はプロジェクトごとに計算され、リージョンごとにそれぞれのリソース使用量制限ポリシーが適用されます。

リソース 提供基準 基本提供量 調整の可否 最大提供量
CPU プロジェクトごと 100vCore O
メモリ プロジェクトごと 256GB O
キーペア プロジェクトごと 100個 O
Block Storage プロジェクトごと 10TB O
ボリューム当たりの最大サイズ Volumeごと 2048GB O
Floating IP プロジェクトごと 50個 O
VPC プロジェクトごと 3個 O
サブネット VPCごと 10個 O
ルーティングテーブル VPCごと 10個 O
ルーティング ルーティングテーブルごと 10個 O 100個
静的ルート サブネットごと 20個 X
リージョンピアリング プロジェクトごと 10個 O
プロジェクトピアリング プロジェクトごと 10個 O
インターネットゲイトウェイ プロジェクトごと 3個 O
NATゲートウェイ プロジェクトごと 3個 O
VPN ゲートウェイ(Site-to-Site VPN) VPCごと 1 X
VPN ゲートウェイ(Site-to-Site VPN) 接続 サブネットごと 1 X
サービスゲートウェイ プロジェクトごと 10個 O
トラフィックミラーリングセッションの プロジェクトごと 10個 O
トラフィックミラーリングフィルタグループ プロジェクトごと 10個 O
Network Interface プロジェクトごと 500個 O
Network ACL プロジェクトごと 10個 O
Network ACLポリシー プロジェクトごと 100個 O
Network ACLバインディング プロジェクトごと 100個 O
Load Balancer プロジェクトごと 10個 O
IPアクセス制御グループ プロジェクトごと 10個 O
IPアクセス制御対象 IPアクセス制御グループごと 1000個 O
NAS ボリューム プロジェクトごと 100個 O
NAS ボリュームサイズ プロジェクトごと 30TB O
NASボリューム当たりの最大サイズ Volumeごと 10TB O
NAS volume Subnet プロジェクトごと 3個 O
トランジットハブ プロジェクトごと 10個 O
トランジットハブ接続 プロジェクトごと 20個 O
トランジットハブ許可リスト プロジェクトごと 10個 O
トランジットハブルーティングテーブル プロジェクトごと 20個 O
トランジットハブルーティング接続 制限なし
トランジットハブルーティング配信 制限なし
トランジットハブルーティングルール プロジェクトごと 100個 O
トランジットハブマルチキャストドメイン プロジェクトごと 20個 O
トランジットハブマルチキャスト接続 制限なし
トランジットハブマルチキャストグループ プロジェクトごと 100個 O
Private DNS Zone プロジェクトごと 100個 O
Private DNS レコードセット プロジェクトごと 500個 O

NHN Kubernetes Service(NKS)リソース提供ポリシー

リソース使用量はプロジェクトごとに計算され、リージョンごとにポリシーが適用されます。

リソース 提供基準 基本提供量 調整の可否 最大提供量
クラスター プロジェクトごと 3個 O
ワーカーノードグループ クラスターごと 3個(基本ワーカーノードグループを含む) O
ワーカーノード数 ワーカーノードグループ毎 10個 O

NHN Container Registry(NCR)リソース提供ポリシー

リソース使用量はプロジェクトごとに計算され、リージョンごとにポリシーが適用されます。

リソース 提供基準 基本提供量 調整の可否 最大提供量
レジストリ数 プロジェクト毎 30個 O
イメージ数 レジストリ毎 10000個 O
アーティファクト数 イメージ毎 10000個 O
タグ数 アーティファクト毎 1000個 O
手動スキャン数 イメージ毎1日 1個 O

NHN Container Service(NCS)リソース提供ポリシー

リソース使用量はプロジェクトごとに計算され、リージョンごとにポリシーが適用されます。

リソース 提供基準 基本提供量 調整の可否 最大提供量
ワークロード プロジェクトごと 制限なし O
作業 ワークロードごと 100個 O
テンプレート プロジェクトごと 1,000個 O
コンテナ テンプレートごと 10個 O
CPU テンプレートごと 16vCore O
CPU プロジェクトごと 24vCore O
メモリ テンプレートごと 32,768 MiB O 230,400 MiB
メモリ プロジェクトごと 49,152 MiB O
GPU テンプレートごと 7Core O
GPU プロジェクトごと 7Core O

DNS Plusサービスリソース提供ポリシー

リソース使用量はリージョンの区別なくプロジェクトごとに計算されます。

DNS

リソース 提供基準 基本提供量 調整の可否 最大提供量
レコードセット DNS Zoneごと 5,000個 O

GSLB

リソース 提供基準 基本提供量 調整の可否 最大提供量
GSLB プロジェクトごと 20個 O
Pool プロジェクトごと 20個 O
Pool GSLBごと 16個 O
エンドポイント プロジェクトごと 20個 O
エンドポイント Poolごと 5個 O
ヘルスチェック プロジェクトごと 5個 O

Network Firewallサービスリソース提供ポリシー

リソース 提供基準 基本提供量 調整の可否 最大提供量
ACLポリシー数 プロジェクトごと 1,000個 X
ACLポリシールール数 プロジェクトごと 5,000個 X
ACL最大セッション数 プロジェクトごと 1,000,000個 X
NAT最大セッション数 プロジェクトごと 1,000,000個 X
トラフィックログ件数 プロジェクトごと 8,000,000個 X

KakaoTalk Bizmessageサービスリソース提供ポリシー

リソース 提供基準 基本提供量 調整の可否 最大提供量
お知らせトーク送信数 KakaoTalk Channel 1日毎 1,000件 O
フレンドトーク送信数 KakaoTalk Channel 1日毎 1,000件 O

Face Recognitionサービスリソース提供ポリシー

リソース 提供基準 基本提供量 調整の可否 最大提供量
グループ数 Face Recognitionサービスごと 5件 O
グループ 内の顔登録数 Face Recognitionサービスグループごと 100,000件 O

OCRサービスリソース提供ポリシー

リソース使用量はリージョンの区別なくプロジェクトごとに計算されます。

リソース 提供基準 基本提供量 調整の可否 最大提供量
身分証分析リクエスト件数 OCRサービス毎 100,000件 X

API Gatewayサービスリソース提供ポリシー

リソース使用量はプロジェクトごとに計算され、リージョンごとに区分してポリシーが適用されます。

リソース 提供基準 基本提供量 調整の可否 最大提供量
API Gatewayサービス プロジェクト毎 10個 O
ステージ API Gatewayサービス毎 10個 O
リソースメソッド API Gatewayサービス毎 100個 O 300個

リソース使用量はリージョンの区別なくプロジェクトごとに計算されます。

リソース 提供基準 基本提供量 調整の可否 最大提供量
ログ(一般ログ、クラッシュログ) 送信数 1日 20,000,000 件 O
ログ(一般ログ、クラッシュログ) 容量 1件 8MB X

DataFlow サービスリソース提供ポリシー

リソース使用量はリージョンの区別なくプロジェクトごとに計算されます。

リソース 提供基準 基本提供量 調整の可否 最大提供量
実行中のフロー数 プロジェクト当たり 10個 O

リソース提供量調整の申請

※ 2020年4月以降、個人のお客様に対しての提供量調整はFloating IPのみ受け付けております。

基本提供量のほかに追加使用を希望する場合はNHN Cloudカスタマーサービス1:1問い合わせを通じてお問い合わせください。 申請の際、追加を希望する項目と必要なリソース量を記入いただくと、相談がスムーズです。

お問い合わせ後手続きが完了するまでには2~5日程度要するため、実際必要なタイミングより前もってご相談いただくことをお勧めします。

TOP