Dev Tools > Pipeline > コンソール使用ガイド > Environment Configuration

環境設定

Pipelineは、アプリケーション配布フローを構成するとき、さまざまな外部システムを使用します。環境設定でPipelineが使用する外部システムを追加できます。

Pipelineに追加できる外部システムは次のとおりです。 - ソースリポジトリ - イメージストア - ビルドツール - 配布対象

ソースリポジトリ

ソースリポジトリを追加すると、NHN Cloudビルドツールを使用してソースコードをビルドできます。 GitHub、GitLab、GitHub Enterpriseなどのgitコマンドを使用してアクセスできるリポジトリを追加できます。

env-config-guide-01

環境設定ソースリポジトリ設定をクリックすると、ソースリポジトリを管理する画面に移動します。ソースリポジトリ追加をクリックして新規ソースリポジトリを追加できます。

env-config-guide-02

ソースリポジトリ情報を入力し、ソースリポジトリ接続確認確認をクリックします。接続確認後に確認をクリックします。 - GitHubソースリポジトリのトークン発行時、repo権限が必要です。 - GitLabソースリポジトリのトークン発行時、read_userapiread_api権限が必要です。

env-config-guide-03

イメージストア

イメージストアを追加すると、認証情報が必要なイメージストアにアクセスするときに使用できます。 NHN Cloudビルドツールでソースコードをビルドするコンテナを作成するときや、新たに作成したコンテナイメージをアップロードするときに使用できます。そしてパイプライン自動実行設定で自動実行を実行させるコンテナイメージを設定するときに使用できます。イメージストアにはNHN Cloud Container Registry、Docker Hubの他にプライベートイメージストアを追加できます。 Docker Hubを使用する場合はイメージストアURLを省略できます。

env-config-guide-04

環境設定イメージストア設定をクリックすると、イメージストアを管理する画面に移動します。イメージストア追加をクリックして新規ソースリポジトリを追加できます。

env-config-guide-05

イメージストア情報を入力し、イメージストア接続確認確認をクリックします。接続確認後に確認をクリックします。イメージストアURLを入力していない場合はDocker Hubとして動作します。

env-config-guide-06

ビルドツール

ビルドツールを追加すると、パイプラインでビルドツールに定義したさまざまなジョブを使用できます。ビルドツールにはJenkinsを追加できます。NHN Cloudビルドツールを使用する場合はビルドツールの追加作業を省略できます。

env-config-guide-07

環境設定ビルドツール設定をクリックすると、ビルドツールを管理する画面に移動します。ビルドツール追加をクリックして新規ビルドツールを追加できます。

env-config-guide-08

ビルドツール情報を入力し、ビルドツール接続確認確認をクリックします。接続確認後に確認をクリックします。

env-config-guide-09

配布対象

配布対象を追加すると、パイプラインで配布対象を管理できます。配布対象にコンテナイメージを配布したり、実行中のコンテナを変更できます。配布対象にはNHN Cloud Container、Kubernetesを追加できます。

env-config-guide-10

環境設定配布対象設定をクリックすると、配布対象を管理する画面に移動します。配布対象追加をクリックして新規配布対象を追加できます。

env-config-guide-11

配布対象の名前と説明を入力し、Kubeconfigファイルを選択して配布対象接続確認確認をクリックします。接続確認後に確認をクリックします。

env-config-guide-12

チャートリポジトリ

チャートリポジトリを追加すると、ビルド - Bake (Manifest)ステージを使用してHelmチャートをビルドできます。チャートリポジトリガイドでチャートリポジトリの構成方法を確認できます。

env-config-guide-13

環境設定チャートリポジトリ設定をクリックすると、チャートリポジトリを管理する画面に移動します。チャートリポジトリ追加をクリックして新規チャートリポジトリを追加できます。

env-config-guide-14

チャートリポジトリ情報を入力した後、チャートリポジトリ接続確認確認をクリックします。接続確認後、確認をクリックします。

env-config-guide-15

NHN Cloudセキュリティ設定

User Access Key ID, Secret Access Key作成

コンソール右上のID領域をクリックすると、次のようなAPIセキュリティ設定メニューを確認できます。

env-config-guide-16

APIセキュリティ設定User Access Key ID作成をクリックして、NHN Cloudセキュリティ設定を登録する際に入力が必要なUser Access Key IDSecret Access Keyを作成できます。

env-config-guide-17

env-config-guide-18

User Access Key IDSecret Access Keyを作成すると、次のような秘密鍵発行完了画面が表示されます。秘密鍵はポップアップ画面で1度しか表示されないため、忘れないよう記録して使用します。

env-config-guide-19

セキュリティ設定を登録する際に必要なUser Access Key IDは、秘密鍵発行完了ポップアップを閉じると確認できます。

NHN Cloudセキュリティ設定登録

NHN Cloudセキュリティ設定を追加すると機能 - NHN Cloud Deployサービスステージを使用し、NHN Cloud Deployサービスを通じて配布できます。

env-config-guide-20

環境設定 > NHN Cloudセキュリティ設定画面で+セキュリティ設定追加をクリックして新規セキュリティ設定を追加できます。

env-config-guide-21

NHN Cloudセキュリティ設定情報を入力し、API正常呼び出し確認確認をクリックします。接続確認後確認をクリックします。

env-config-guide-22

Pipeline IP

Pipelineと連動したシステムが正常に動作しない場合はACLを確認してください。Pipelineが使用するIPアドレスは211.56.1.0/27です。

サービス CIDR
Pipeline 211.56.1.0/27
TOP